INTERVIEW # 10

桝本 雄宙

TAKAHIRO MASUMOTO

2012年入社/フューネラル事業部
西日本典礼春日原斎場 エンディングプランナー

今を楽しみ、全力で走り続ける
トッププランナー

株式会社ラックを選んだきっかけは?
A冠婚葬祭は究極の接客業、多くの感動を創造したい
冠婚葬祭は「喜び」と「悲しみ」という両極端の場面での仕事で、お客様の一生に携る究極の接客業だと思いました。大切な時間に携われ、実際にプランニングできるこの仕事に魅力を感じたと同時に、多くの感動を生み、地域貢献もできると感じました。また、福岡・大分を中心に地域に密着して事業を展開していることもラックを選んだ理由の1つです。
この仕事のやりがいと喜びは?
A大切な方を失ったご遺族に最後まで関わり尽くせる
人生最期のセレモニーである葬儀、1つとして同じものはありません。ある時、奥様を亡くされたご夫婦を担当しました。毎年自宅に咲く桜を楽しみにされていたそうです。しかし、施設に入所し今年は見せてあげられなかったとご主人は悔やんでいました。その話を伺うとすぐにご自宅に向かい桜の花を準備。出棺前にご夫婦2人きりの時間を取って棺の中にその花を入れていただきました。このお客様からは今でも連絡をいただきます。一度しかない葬儀。ご遺族の心に寄り添えることが私の仕事のやりがいです。
学生時代はどんな人でしたか?
A大変な思いをしたからこそ感じる、人のありがたみ
家庭の事情もあり新聞奨学金制度というものを利用し、働きながら大学に通っていました。自由に使える時間も限られ、今思えば大学生らしいことはあまりできませんでした。ラックに入社して一番感じるのは同期に恵まれたこと。大変なことがあっても切磋琢磨しながら、楽しくここまでやってくることができました。また、部署に関わらず多くの人と関わりを持て、色んな物事に触れ、刺激を受け、今は仕事もプライベートも充実しています。
これからどういうビジョンを持っていますか?
A感動的な葬儀の創造と何事も楽しむ気持ち
1つ目は、お客様の不安や要望に100%対応できるプロフェッショナルになること。故人を偲ぶ方々の想いやお見送りの形は多種多様です。1つの葬儀に対して期待以上の付加価値を付け、よりご満足いただけるよう日々の業務に取り組んでいます。
2つ目は、楽しむことです。仕事でも遊びでも、嫌々する内は何も得られないと思っています。何事にも前向きに、楽しんで取り組むことをこれからも心掛けていきます。

DAILY SCHEDULE

1日のスケジュール

8:30

出社

当日の状況を確認し、前日にお通夜をされたお客様へ挨拶に行きます。その後、お葬儀の準備に移ります。

11:00

葬儀

一緒に式を担当するスタッフと打ち合わせをして式に臨みます。式中にはお葬儀の司会進行や出棺のお見送りを担当します。

13:00

通夜の打ち合わせ

夕方にもお通夜がある時には、お客様とお葬儀の内容、人数、返礼品など、細かい内容を打ち合わせていきます。役所関係の手続きも代行して行います。

15:00

来館者の応対・通夜の準備

打ち合わせにそってお通夜の準備を進めます。また、お客様が事前相談に来られた時には、式の流れの説明やご要望を取り入れたご提案などを行います。

18:00

通夜

担当者としてお通夜の司会進行を行います。片付けや翌日の準備が終わり次第、お客様へ挨拶をして帰宅します。

私の休日

読書が趣味なので、休みの日でも朝は普段通りに起きて近くのカフェで読書することが多いです。主に小説を読んでいます。午後からは映画や買い物をして過ごしています。また、社会人1年目からフットサルチームにも所属しています。社会人になると体を動かす機会が減ってしまうので、休日に限らず参加して楽しんでいます!

就活中のみんなにひと言!

仕事に対して様々な考えを持って就職活動をしているのではないでしょうか。社会人になることに、ネガティブになっている方も少なくないかもしれません。もちろんどんな仕事でも楽なものはありません。イメージと違ったと思うこともあるかもしれません。しかし、どんな仕事でも楽しみや喜びが絶対にあります!「何がしたいか、どんな人間になりたいか」今ある時間を目一杯使って考えてみてください。会社から選んでもらうのではなく、自分が選んでいる。そんな強い気持ちを持って就職活動を頑張って下さい!

OTHER PERSON

他のメンバーも見る

  • #1

    NAOKI NISHIHARA西原 直希

  • #2

    AKIFUMI KUNICHIKA國近 昭文

  • #3

    NANA OTA太田 奈菜

  • #4

    MARINA MENO目野 満里奈

  • #5

    KANA ASAKURA浅倉 夏奈

  • #6

    MASARU ODA小田 大

  • #7

    KOSE NIBE丹部 功聖

  • #8

    MOEGI ANZAI安西 萌木

  • #9

    HONAMI YOSHINO吉野 保奈美

  • #10

    TAKAHIRO MASUMOTO桝本 雄宙