INTERVIEW # 5

浅倉 夏奈

KANA ASAKURA

2018年入社/ウエディング事業部
Ritz5 ウエディングコーディネーター

夢への道は始まったばかり、
最高の結婚式を創り上げるクリエーター

株式会社ラックを選んだきっかけは?
Aインターンシップで感じた“人”の良さ
オープンキャンパスで初めてみた模擬披露宴の素敵さに憧れ、選んだウエディングの専門学校。そこでお世話になった恩師が以前リッツ5で働いていたという話を聞き、インターンシップに参加しました。その時にリッツ5の人の良さに触れ、心惹かれました。私も恩師のように周りに好かれる人になりたい、心惹かれたこの会社に必要とされる人材になりたいと思い、入社を決めました。
この仕事のやりがいと喜びは?
A苦労の先にある感動はこの仕事でしか味わえない宝物
“ウエディングコーディネーター”というと、一見華やかなイメージを持たれがちですが、「結婚式」という一生に一度の大切な節目を任せてもらっている責任は大きく、むしろ裏方に徹する仕事だと働き始めてから実感しました。その分、お客様の笑顔と感動の涙を目にした時には、担当者としてお2人の式に携わることができて良かったと心から思います。人生に一度しかない最高の1日をサポートできることが私の仕事のやりがいです。
学生時代はどんな人でしたか?
A学生と社会人の違いは“意識”の差
社会人になって一番変わったことは「時間管理」と「自己管理」です。スケジュールひとつで仕事をスムーズに進められるかが変わってくるだけでなく、ミスをするとお客様やスタッフなど、たくさんの方に迷惑を掛けてしまいます。また、社会人は健康第一!しっかりと食事を取ることは欠かせません。そんな社会人としての意識を新入社員研修でもしっかり教えられました。
これからどういうビジョンを持っていますか?
Aお客様やスタッフからの信頼を集めていきたい
夢への道をまだまだ歩み始めたばかりですが、お客様の幸せな1日をサポートできるこの仕事はやっぱり素敵だなと改めて感じています。打ち合わせの時に「浅倉さんが言うならそうします!」と言っていただいたこともありました。お客様からもスタッフからも信頼される人材を目指して努力を続けていきます。そして「浅倉さんに担当してもらえて本当に良かった」、そんな言葉を1つでも多くいただけるようになることが私の目標です。

DAILY SCHEDULE

1日のスケジュール(平日)

9:30

出社

前回の打ち合わせの内容の確認や資料の準備をして、お客様の来店に備えます。

9:30

朝礼

朝礼では“いい仕事スピーチ”というものもあり、いい仕事をしていた人をみんなに紹介することで、社内の雰囲気も良くなります。

10:00

お打ち合わせ

お客様1組につき2~3時間ほどかけて、じっくりと打ち合わせを進めます。内容は会場装飾や料理、演出など多岐に渡ります。

13:00

ご挨拶

担当したお客様が式を挙げるときには、打ち合わせの合間を縫ってご挨拶に行きます。
時間がある時には披露宴の様子を見に行ったり、お2人から頼まれて一緒に余興に出たりすることも!

18:00

処理業務

打ち合わせで決まったことを整理し、発注できるものはその日のうちに済ませます。
翌日の仕事や打ち合わせ予定のお客様の確認が終わり次第、帰宅します。

私の休日

休みの日は家でゆっくりすることが多いですが、たまに出かけることもあります。先日は数年ぶりにUSJにも遊びに行きました!!とても充実した休日を過ごし、リフレッシュすることができました。

就活中のみんなにひと言!

すぐ決まる人もいれば、何社も受けてやっと決まる人もいると思います。私もたくさんの不合格を経験しました。その度に周りとは比べずに、自分なりに努力することで本当に働きたいと思える会社と出会い、内定をいただくことができました。入社してからもラックはとにかく“人が良い”と感じています。入社したてで何も分からないときにも先輩や上司は手厚くフォローしてくださり、楽しく仕事ができる会社です。ぜひ一緒に働きませんか!

OTHER PERSON

他のメンバーも見る

  • #1

    NAOKI NISHIHARA西原 直希

  • #2

    AKIFUMI KUNICHIKA國近 昭文

  • #3

    NANA OTA太田 奈菜

  • #4

    MARINA MENO目野 満里奈

  • #5

    KANA ASAKURA浅倉 夏奈

  • #6

    MASARU ODA小田 大

  • #7

    KOSE NIBE丹部 功聖

  • #8

    MOEGI ANZAI安西 萌木

  • #9

    HONAMI YOSHINO吉野 保奈美

  • #10

    TAKAHIRO MASUMOTO桝本 雄宙