INTERVIEW # 2

國近 昭文

AKIFUMI KUNICHIKA

2013年入社/営業部

とにかく人が好き!
どんな垣根も越える新感覚の
営業マン

株式会社ラックを選んだきっかけは?
A人生で初めての葬儀がきっかけに
中学時代に父が亡くなり、僕にとっての人生初の身内の葬儀を執り行ったのがこの会社だったんです。その時の印象をはっきり覚えているわけではないのですが、落ち込んでいる僕を、親身になって支えてくれたことや、なんとなく場所の記憶やいいイメージだけは残っていたんですね。就職を考えていたときに、説明会でラックに出会い、ここで働こう!と。しかも、最初から葬儀の営業希望でした…。話すことも好きですし、営業がやりたかったので、ここを志望しました。
この仕事のやりがいと喜びは?
A契約を取ることより、心が通うことがうれしい
そもそも、セールスとお客様という表面上の関係が苦手で、友達や親戚のような関係で付き合いたい、いつもそう思いながら営業に出かけています。そのため、お客様のところに行っても、契約の話よりも関係のない世間話のほうが長くなってしまうことも。お客様が心を開いてくれたとき、とてもやりがいを感じます。お客様がとてもかわいがってくださるので、それに少しでも応えていきたいです。
学生時代はどんな人でしたか?
A人と人との関わりの大切さを感じるように
もともと人は好きなのですが、学生の時以上に人を大切にするようになりました。学生時代は、友だち、先輩後輩、先生という関係でしかなかったけど、社会人になって、他人でも家族のように近い関係があることを知りました。人と人とのつながりをよく考えるようになりました。学生時代から、お世辞とか上辺の付き合いが苦手で、いつも本音で生きてきましたが、今でもそれは変わっていないかもしれません。さらに、初対面の方と話すときでも、より和やかに話すことができるようになりました。
これからどういうビジョンを持っていますか?
A自分なりの営業スタイルを極める
入社当初から、マニュアルを見るより即実行するタイプでした。最初は試行錯誤でしたが、自分らしいやり方ができればと思っています。もともと、誰に対しても人見知りもなく、普段の自分で接することができるのですが、もっともっと、誰とでも仲良くなっていきたいですね。最初から、合う合わないを感じていたりするので、それをなくして、柔軟に対応していきたい。営業は本当に、人それぞれのやり方があると思うので、自分にしかできない営業スタイルを確立したいですね。

DAILY SCHEDULE

1日のスケジュール

8:00

出社・朝礼

営業に出る前に全員で顔を合わせて朝礼。それまでに掃除などをします。

9:00

営業準備

最近の状況を把握。データを担当に振り分けたり、営業に出る準備をします。

9:15

外出

営業に出ます。飛び込みの時は、1日150軒ぐらい訪ねることもあります。アポイントは、1軒にじっくり時間をかけたいので、1日1~2軒しか入れません。

17:30

帰社

会社に戻り、日報を書き、現状報告。翌日の準備。

18:30

終礼

一日の終わりにも全員で集まり、終礼をします。

私の休日

週末は、じっとしてませんよ(笑)。ショッピングに行ったり、釣り、スノボ、サーフィン、サバイバルゲーム、旅行など、友だちや彼女と出かけるのが好き。車に乗るのも好きなので、九州各地を回ったり、出身が広島なので、広島方面にも年に1~2度は行きます。

就活中のみんなにひと言!

冠婚葬祭は、本当にやりがいのある仕事だと思います。人生の門出と最後で、流す涙は同じかもしれないけれど、全く別物なんですよね。人生のいろいろなシーンに関われるのは、とても意義があることと思います。また、社内では、イベントも多く、部署を超えていろいろな人との交流があるので、楽しいです。僕は、給料や休みより、人間関係を大切にしています。人間関係でストレスを感じないのは、働く環境として最高だと思っています。

OTHER PERSON

他のメンバーも見る

  • #1

    ATSUMOTO GOTO後藤 貴元

  • #2

    AKIFUMI KUNICHIKA國近 昭文

  • #3

    TOMOMI HANADA花田 智美

  • #4

    YUKI MURA村 裕樹

  • #5

    HITOMI MITSUYASU光安 仁美

  • #6

    MASARU ODA小田 大

  • #7

    NOZOMI HARADA原田 希美

  • #8

    RYOSUKE SAKAI酒井 亮輔

  • #9

    KAORI ANAMI阿南 佳緒里

  • #10

    NOZOMI ODA小田 希